ホーム 内視鏡 予防接種 人間ドック 予 約
紹 介 検 診 病気説明 ピロリ菌 アクセス
医療法人・健英会
 鍜治田クリニック 
内科
消化器内科
 
奈良県奈良市北登美ヶ丘
3−12−15

0742-52-3001
院長 鍜治田英俊

 インフルエンザの症状
     昨年度 当院で確認されたインフルエンザ患者さまの特徴
(決してインフルエンザの診断基準ではありませんが役に立ちます)
 @鼻汁、咳、体が痛い等の症状が数日続いた後に 急激な発熱がある
 A熱は38℃を超えることが多いが 一端 38℃になっても 37℃台に下がっていることがある
 B37℃後半までしか 上がらなくても 体の痛みや 鼻汁などがある
 C脈が100回/分以上の事が多い
当院にインフルエンザ疑いで受診されるときは、受付で一番最初にそのように申し出てください
。他の患者さんと隔離して症状に応じて楽に待ってもらえるように配慮いたします。
 
奈良市のインフルエンザ流行状況 
   現在奈良市内では、A型インフルエンザ感染が中心に 流行しております。今後 流行が大きくなると予想されております。
学校閉鎖などは、今のところありません。(1/11)
 インフルエンザにかからないための予防方法
  
人混みを避けましょう。
外出から帰ったら、必ずうがい・手洗いを行い、さらに食事前などこまめに手洗い・うがいをしましょう。
日ごろから、体の調子を整え、適度な温度・湿度を保ちましょう。(インフルエンザウイルスは、乾燥を好みます)。
 インフルエンザをうつさないための予防方法
    咳(せき)エチケット(咳やくしゃみが出る時に、他人に感染させないためのエチケット)が重要です!
咳やくしゃみの際は、ティッシュなどで口と鼻を被い、他の人から顔をそむけ3メートル以上離れましょう。
咳やくしゃみといった症状があるときはマスクを着用しましょう。
ティッシュなどがない場合は、口を前腕部(袖口)でおさえて極力、飛沫が拡散しないようにしましょう。
呼吸器系分泌物(鼻汁・痰など)を含んだティッシュは、すぐにゴミ箱に捨てましょう。
咳やくしゃみをする際に押さえた手や腕は、その後直ちに洗いましょう。
咳をしている人にマスクの着用を積極的に促しましょう。
 インフルエンザ予防接種はこちらです。(予防接種は終了しました。)