ホーム 内視鏡 予防接種 人間ドック 予 約
紹 介 検 診 病気説明 ピロリ菌 アクセス

医療法人・健英会
 鍜治田クリニック 
内科
消化器内科
 
奈良県奈良市北登美ヶ丘
3−12−15

0742-52-3001
院長 鍜治田英俊


急性肝炎 B型肝炎 C型肝炎 急性虫垂炎
ノロウイルス 潰瘍性大腸炎 肺炎球菌感染症 大腸がん



 C型肝炎について
  C型肝炎とは、C型肝炎ウイルス(HCV)の感染によって起こる肝臓の病気です。
HCVに感染すると約70%の方が持続感染者となり、慢性肝炎・肝硬変・肝がんと進行する場合があります。
現在日本では約150〜200万人のC型肝炎ウイルス感染者がいると考えられています。しかし、感染がわかっていない方や、わかっていても通院されていない方が多いのも現状です。慢性肝炎・肝硬変・肝がん患者の75%がHCV感染者であると言われています。
肝炎になっても自覚症状はほとんどありません。そのため、気づかないまま20〜30年で肝がんへと病気が進んでいきます。進むスピードは個人差がありますが、病気が進むと治療も難しくなるので 過去に肝機能検査で高値が出たが、放置したままになっている方は 早めに検査して感染していないか確認しましょう。
 感染経路
  B型肝炎と同様に、血液を介して感染します。過去の輸血・不潔や医療器具を使った医療行為・民間療法・刺青・ピアスの穴あけ・麻薬などの回し打ち・感染者との剃刀や歯ブラシの共用などです。
常識的な社会生活のうえで、他人の血液に直接触れる事が無ければ、感染のおそれはまずありません。食器の共用や入浴などで感染はありません。
 C型肝炎の症状と検査
  C型肝炎で急性肝炎を起こすことはまれです。ほとんどが不顕性感染(症状が出ないまま経過する)ですが、約70%が慢性化すると言われております。しかし、慢性肝炎の段階でもほとんど症状が無く、何となく体がだるい・疲れやすい・食欲が無いと言った曖昧なことが多いです。
普通の特定健診などの肝機能(GOT,GPT,rGPT)などで高値が出ると 肝臓の炎症が強いとわかるのですが、必ずしも高値が出ると限りません。
そのため、現在C型肝炎ウイルス感染者であるかどうかを調べるHCV RNA定性検査を行います。感染していれば、ウイルス量などを調べて インターフェロン治療の効果を予測したり 肝硬変においては、肝がんの早期発見に努めます。
インターフェロン及びそれ以外の治療 
  C型肝炎の本質的な治療は、HCVウイルスを体から排除することです。このためには、インターフェロンと言う薬を使います。しかし、日本人に一番多く、感染者の70%をしめる1b型は、インターフェロンの効きが悪く難治性と言われています。
近年、2011年と2014年末にHCVの増殖を抑える内服薬の併用療法が許可されました。経口剤は副作用がインターフェロンよりも少ないので 比較的楽に行えると思います。
適用は肝臓専門医があると判断したら肝機能の数値に関係無く治療がうけられます。
肝疾患医療連携とは
  かかりつけ医と専門医や専門医療機関との連携により、患者様の負担を軽減しながら、良質かつ適切な医療を提供するため 医療連携をしております。
鍜治田クリニックは、下記のイメージ図の肝疾患専門医・専門医療機関です。(奈良市内には、診療所でかつ専門医療機関は、6カ所しかありません)
   
 
   
       
   
     
 
 
         


g